賃貸契約の際に

賃貸契約の注意点とは

賃貸を借りる際に注意したいのが契約内容や初期費用の内訳です。契約内容は賃貸物件ならどれも同じではなく、物件によって異なります。契約更新期間が1年のこともあります。また、契約をして2カ月以内に引越しをした場合は違約金が取られる賃貸も存在します。そうした細かい条件は契約をするときに不動産屋で渡される重要事項説明書に記載されてあります。後で思わぬトラブルにならないようによく読んでおくことが大切です。 初期費用の内訳を見て「鍵交換料」がない物件は注意が必要です。賃貸のドアの鍵は退去する時に管理会社に返しますが、それとは別に個人でスペアキーを作っている人もいます。安全性を考えると鍵は必ず変えてもらうことです。鍵交換料は1万5千円ほどが相場です。

初期費用を抑えて借りるには

初期費用を抑えたいけど条件は曲げたくない、という場合は、不動産会社に値下げ交渉を持ちかけてみるという手段があります。ただ、何でもかんでも値下げ交渉をするのはマイナスになります。初期費用の中には値下げを持ちかけてもいい費用と、避けた方がいい費用があります。 家賃は一番値下げ交渉がしやすい費用です。部屋を借りるにあたって家賃が千円でも安いとだいぶ違います。また、初期費用も値下げできる可能性が高い費用です。ただし、1月〜3月は繁忙期なので掛け合ってもらえないことが多く、交渉するなら夏ぐらいがねらい目です。 シーズンに関わらず、仲介手数料と敷金は値下げしてもらえないことが多いようです。仲介手数料とは不動産屋に入る契約成立の報酬です。安く済ませたい場合は「仲介手数料半額」の賃貸を狙うことをお勧めします。