任意売却を選択

任意売却は業者を介して行うのが一般的

住宅ローンの返済に行き詰まって住宅を手放すことになった場合、その方法には大きく分けて2つあります。1つは裁判所が入って行う「競売」であり、もうひとつは一般の不動産取引と同じ「任意売却」です。 債務を返済するという意味では、売却価格が安い競売よりも、市場価格での取引が可能な任意売却の方が有利です。その場合は、個人間で取引をするよりも、任意売却を主体に扱う不動産業者を介して行うのが一般的です。 業者を選ぶ場合は、複数の業者に相談することが必須です。業者によっては任意売却の知識や経験が不足している場合がありますので、業者選びはよく話を聞いて慎重にする必要があります。また、売却を依頼する側も、任意売却の仕組みや手続きについてある程度の知識を持つことが必要です。

ローンを返す債務者側にも、銀行など債権者側にもメリットがある

任意売却は、住宅ローンを返済する債務者はもちろんのこと、銀行など債権者側にとっても望ましい方法です。なぜなら、売買価格は不動産市場の価格と同様なので、より高い価格で売却できるからです。 残念ながら、任意売却でもローンを完済することはできません。しかし、不動産の売却で手に入ったお金が多ければ、その分多くのローンを返済できます。残ったローンが少なければ、その後の返済はもちろん、生活の再建に掛かる負担も軽くなります。もちろん債権者側にとっても、不良債権を圧縮することができるため、任意売却の方が望ましいのです。 また、任意売却を不動産業者に依頼した場合には、交渉ごとは全て業者が行います。そのため、債務者側は手数料や残債の返済方法の面で有利に運んでもらえるメリットがあります。そして何よりも、面倒な交渉をしなくて済むため、精神的に楽になることも見逃せません。